[みんなどうしてる?]子どもの胃腸炎登園

胃腸炎は、非常に厄介で、

重症化しやすい病気です。

 

子どもが胃腸炎になってしまったとき、

症状が軽くなったとしても子どもを

いつから登園させてよいのか

わからないですよね。

 

今回は胃腸炎の症状の特徴と

休む期間はどのくらいが適切かについて

記事にしたので、

子どもの登園の目安の参考にしてください。

辛い胃腸炎。どんな症状がでるの?

 

ウイルス性胃腸炎は、

ノロウイルス、アデノウイルス、ロタウイルスなどの

ウイルスが胃腸に入り込むことによって

下痢・嘔吐・発熱などの症状がでます。

 

脱水症状になったり

けいれんを起こしたりしてしまうこともあります。

 

ロタウイルスは、米のとぎ汁のような

すっぱいにおいの下痢や嘔吐を

繰り返すという特徴があります。

 

ノロウイルスは、乳幼児に多いウイルスで、

またノロウイルスは

死亡例が報告されている危険なウイルスなので、

上記のような症状がでたら

早めの受診をおすすめします。

 

症状は1~3日ほどで落ち着きますが

完治までは1~2週間かかります。

 

最初の1・2日は特に症状が重いのですが

特効薬はないので、吐き気止め・下痢止めなどで

症状を落ち着かせ、こまめな水分補給で

脱水症状を予防する必要があります。

 

離乳食もあまり食べられないことが多いので、

おかゆなどの胃にやさしい

食事をあげるようにしましょう。

 

大人にも感染しやすい病気なので、

汚れ物の処理はマスクとゴム手袋などをし、

おもちゃや身の回りの物も

しっかり消毒をするようにしましょう。

              

元気になっても体力は失われがち。焦らず登園!

胃腸炎はインフルエンザとは違い

外出禁止期間が定められていないので、

症状が治まってきても

いつから登園させればよいか悩みますよね。

 

1週間から1ヶ月はウイルスが

体内に残っていて、

周りの人への感染の恐れがあります。

 

しかし、だからといって1ヶ月も

自宅待機はなかなかできないですよね。

 

それでは登園の目安は

いつからかといいますと、

大体の8日後からとされています。

 

ウイルスが体内からなくなるのが

大体1週間後からといわれているからです。

 

もちろん感染の恐れはあるので、

外にでるときにはマスクをし、

外から帰ってきたらうがい手洗いを

徹底して行うようにしましょう。

 

症状がよくなったからといって

すぐには体力が回復するわけではないので、

外出はあまり長くせず、

降園後は外遊びを控え

家で体力の回復に努めるようにしましょう。

 

また、園内で感染が流行している場合は、

通園バッグや持ち物も除菌してあげることで

自分たち大人への感染も防ぐことができます。

 

ウイルス性胃腸炎は予防を徹底して感染を防ごう!

 

園は、ウイルスが流行しやすいので

家でしっかり予防をすることが大切です。

 

もちろん予防していても、

感染してしまうことはあります。

 

そのときは今回の記事の症状を参考にし

病院で早めの受診をしてしっかりなおして

登園するようにしてください。

 

子どももそうですが大人ももちろん

移る可能性があるので、

自分たちもしっかり予防をしましょう。

コメントを残す

CAPTCHA