登山用品の杖、ストック、ステッキのおすすめを紹介!

登山で杖を使うのは、年配の方かお遍路さんだと思っていました。

でも最近は若い方も、スキーのストックのようなものを使って

登山しているようです。

私がそれを知ったのは、「日本2百名山 グレートトレバース2」

という番組を見てからです。

選ぶ際のポイント

この番組は、田中陽希という34才の丸坊主の方が、

200名山をずっと移動の間も歩いて制覇するというものでした。

この方は、国内唯一のプロアドベンチャーレーサーだそうです。

雪山を重い荷物を背負ってする登山ではなく、

トレッキングのような感じで軽やかに山を登る、といった感じです。

とはいっても、ちゃんと山頂へは毎回到着しています。

 

2本のトレッキングポールで軽やかに登る姿は、

杖のイメージをすっかり変えてしまいました。

ストックの提供は石井スポーツというブランドですが、

身体の一部のように一体化しています。

 

プロですから当然だとは思いますが、

そうでなくても、選ぶ際はネットではなく、

お店で握り具合や長さ、重さを確かめて購入しましょう。

 

また、登山のタイプによっては却ってストックが

邪魔になる場合もあるので、お店の人によく相談しましょう。

また、価格やデザインも選ぶポイントではありますが、

材質に重点を置いた方がいいでしょう。

登る山のハードさと、自分の体重を考慮して選びましょう。

 

私自身、本格的な登山経験がないので、

若い頃よく山に登っていた主人に話を聞いてみたのですが、

主人の若い頃は、今のようにトレッキングポールはなく、

スキーのストックを代わりに使っていたそうです。

もちろん伸び縮みしないので、かさばって大変だから

2、3回しか使ったことがなかったようです。

 

今では登山どころかハイキングもできない、

たるみきった身体になってしまいましたが、

若い頃は、杖を使うと杖だよりになってしまうので

極力避けたそうです。

 

おすすめの杖、ストック、ステッキ

富士登山やお遍路さんの時は、現地で金剛杖を買って登るのも、

記念になっていいでしょう。

雰囲気を楽しめてテンションも上がります。

 

また、個人的な山登りの場合、年配の方は1本、

若い方は2本のストックを使う方が多いようです。

 

登山雑誌やネットで、人気のものを探すのもいいでしょう。

実際にお店に行って気に入ったものを買うのが一番いいのですが、

時間がないときは仕方ありません。

その際には価格に関わらず、信頼できるメーカーを選びましょう。

アルペン、ヒマラヤスポーツ、石井スポーツなどはおすすめです。

モンベル、好日山荘もおしゃれ度が高く、いいものが多いです。

 

VAXPOTというメーカーもネットでの低価格ランキングにでています。

ただし、安けりゃいい、というかたにおすすめとなっています。

ストックなしでも充分登れるようであれば、

手軽に買えていいでしょう。

 

他にも近所に登山用品店があるかもしれません。

バイクショップのように、趣味が高じてお店を開いた、

という方が案外いるようです。

時間がある時にそういうお店を探しておきましょう。

お店の方にいろいろアドバイスしてもらえるでしょうし、

登山仲間もふえるでしょう。

 

まとめ

杖、ストックは価格重視か使いやすさ重視かで選び方も違ってきます。

価格ならネットで買えば充分ですが、

使いやすさ重視なら、ネットの口コミなどではなく、

自分で実際に持ってみて選びましょう。

お店の人のアドバイスも積極的にうけましょう。

コメントを残す

CAPTCHA