自由研究で野菜からDNAを抽出!?中学生理科をテーマに!

自由研究に悩む中学生に教えたい、家でできる理科の実験、野菜からDNAを抽出すること。

野菜からDNAを抽出するなんて、すごい実験装置がないとできないんじないのかな?中学生でも面白く家で実験できる理科をテーマにした自由研究!

こちらも「中学生 自由研究」についての記事です。
あわせてどうぞ!
↓↓
中学生理科自由研究 おすすめ5選!

中学生向け簡単にできる自由研究

今年の自由研究はひと味違う物に!

中学生の自由研究、何にしようかととても悩みます。友達よりすごいことをテーマにしたいと考えると思います。

理科をテーマにした、野菜からDNAを抽出してみる実験はどうでしょうか。中学生でも簡単にできます。

DNAって言葉を聞くと、何?どうやってやるの?と不思議なことがいっぱいになると思います。

まずDNAとはなんでしょうか。私たち人間、動物、植物にもあります。動植物を構成している遺伝子の情報が入っている物質のことをいうのです。

細胞には「核」というものがあるのですが、その中にDNAが入っているのです。その核の中から、DNA取り出して見てみようという実験です。

細胞核が多いものが取り出しやすいのです。例えば、ブロッコリーの花芽、玉ねぎは細胞が小さいのですが、たくさん細胞核があるのです。

取り出しやすいブロッコリーでのDNAを取り出してみることにしましょう。

家が理科の実験室!

中学生でもできる理科をテーマにした自由研究、実験道具は家にあるもので大丈夫です。

用意するもの
・すり鉢、すりこぎ
・計量カップ
・計量スプーン
・茶こし
・包丁
・まないた
・透明のカップ
・消毒用エタノール(ドラッグストアで売ってます)
・食塩
・新鮮なブロッコリー
・中性洗剤

では、実験を始めましょう。

まず、計量カップに食塩を小さじ1杯半、中性洗剤小さじ1杯、水を200mlの表示まで入れ、よく混ぜると白い液体になります。

ブロッコリーをまないたでみじん切りにした後、すり鉢とすりこぎを使ってしっかり潰していきます。

潰したブロッコリーに先ほど作っておいた白い液体を入れます。DNAが壊れないように軽くかき混ぜます。

30分ほど時間が経ったら、茶こしでこして、透明のカップに入れます。カップの1/3から1/4程度でいいと思います。

透明のカップにいれたブロッコリーが混ざっている液体に対して、3倍の量のエタノールを割り箸などでカップのふちに伝わらせるよにうに入れていきます。

かき混ぜてはいけません。DNAは切れやすくあ壊れやすいのです。そのままエタノールを注いだら、エタノール層とブロッコリーのDNA層が浮き上がってくるのを待ちます。

DNAは、比重が小さいのでエタノールに浮いてくるのです。そして水には溶けていまいますが、エタノールのは溶けないという性質があるのです。

DNAが凝縮されたものが浮かび上がってきます。白いモヤっとしたものです。

DNA1個の形はらせん状になっており、肉眼ではみえません。ただこの実験ではたくさんのDNAの集合体を見ることができるのです。

DNAの特性から、まず中性洗剤を混ぜた理由として、細胞入っているDNAを外に出すために、細胞膜を壊さないといけないのです。この役割を果たすのが中性洗剤になるのです。

塩を加える理由は、エタノールの中でDNA同士が集まることができないので、塩を加えることによってDNAが集まり白いモヤっとした集合体になってくれるのです。

もっと簡単な実験方法として、まだ開封していないグレープフルーツ100%ジュースとエタノールだけでDNAを取り出すことができるのです。

ジュースにエタノールをそっと流し込むだけで、成功すれば白いモヤっとしたものが浮いてくるのです。ジュースのほうが全然簡単だと思いますよね。

さいごに

DNAを取り出してみて、生命の神秘を感じてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

CAPTCHA