赤ちゃんの熱が39度以上になってしまったとるべき対処方法を紹介 

赤ちゃんが突然高熱を出してしまったけれど、

初めてのことでどうしたらいいのかわからない…

高熱が出れば大人でもつらいもの、ましてや小さな体の赤ちゃんの場合、

とても心配になりますよね。

そんな時はまずどう行動したら良いのか、対処方法についてまとめてみました。

高熱になったときの対処方法

 

まずは、何度以上なら高熱なのかという点に疑問を持っている人もいるでしょう。

赤ちゃんは平熱であっても体温が大人よりも高いのが普通です。

目安は37.5度以上で「発熱」、38.5度以上で「高熱」。

もちろん平熱が36.0度の子もいれば37.5度の子もいるので、

あくまでも目安として考えてください。

 

高熱が出てしまった場合の基本的な対処法は、まず体を冷やしてあげること。

「頭寒足熱」という言葉がありますが、

実は頭を冷やすよりも首・脇の下・太ももの付け根を冷やすほうが効果的。

ただし、冷やしすぎは逆に体調が悪くなる可能性もあるので厳禁

キンキンの保冷剤をそのまま体へ…なんてことはしないでくださいね。

タオルでしっかりと包んだ保冷剤や、濡れタオルを使うようにしましょう。

 

そして次に水分補給。

高熱が出ると大量の汗をかき、脱水症状を起こしてしまう場合があります。

特に赤ちゃんは体が小さい分、少し水分が不足しただけでも

脱水症状を起こす危険があるのです。

月齢の小さい子ならば母乳やミルク、

もう離乳食が始まった月齢の子ならばイオン飲料水がおすすめです。

イオン飲料水は市販されている赤ちゃん用のものでもいいし、

湯冷ましに食塩・砂糖を適量混ぜて手作りすることもできますよ。

 

あとは汗をかいた衣服を変えてあげたり、

食欲があるようなら消化の良い食べ物を食べさせてあげましょう。

くれぐれも無理に汗をかかせる、無理に食べさせる、ということはしないでください。

 

病院へは行った方がいい?

熱が高いとすぐに病院へ駆け込みたくなりますよね。

そりゃあ親としては心配です。

しかし病院が開いていない時間や休日など、

受診してもいいものか迷ってしまうことがあります。

そんな時、病院へ行くか行かないかの目安について説明しますね。

 

熱は高いけれど他に何も症状がなく、赤ちゃんの元気もある場合は、

とりあえず家で様子を見ましょう。

水分もしっかりと摂れていて、ぐっすりと眠ることができるようなら

すぐに病院へ行かなくても大丈夫です。

しかし熱が何日も続いたり、上がったり下がったりを繰り返す場合には、

たとえ元気があっても病院で受診してください。

高熱のほかに、吐き気、下痢、排尿がない、ぐったりしているなどの

症状がある場合は、速やかに受診する必要があります。

特に月齢の低い赤ちゃん5か月未満の場合は、

ささいなことでも病気が重症化してしまう可能性が高いため、迅速に対応しましょう。

 

あくまでもこれは一つの「目安」ですので、

不安な場合や上記以外の症状などがある場合には

「小児救急でんわ相談」に電話をすることをおすすめします。

番号は「♯8000」 

ここへかけると小児科医師や看護師から、適切な対処法を教えてもらうことができます。

受診できる病院などのアドバイスもしてくれますよ。

このような公的事業があるのは、小さい子を持つ親にとってはとてもありがたいことですね。

 

最後に

 

赤ちゃんが高熱を出すと、とにかく焦って慌ててしまいがちです。

しかし焦ってしまうと赤ちゃんからのサインを見逃してしまったり、

逆効果になる対処法を行ってしまったりすることもあります。

まずは大きく深呼吸でもして、焦った気持ちを落ち着かせてください。

コメントを残す

CAPTCHA